遺言書の書き方

老い支度、一緒に考えてみませんか?遺産の流れは上記の表のように遺言書がない場合は、裁判沙汰になることもあります。
残された遺族がもめるのを回避できるように遺言書を作ってみましょう。自分の資産がいくらあって、これらをどうしたいのか。考えるきっかけになりますよ。相続税の対策にも有効です。ただ、遺留分には気をつけて、これがもとで争いになるのは避けてくださいね。

例①  子どもがいなくて、全財産を妻に相続させたい場合

 子どもがいない場合で両親もいない場合、法定相続では妻は四分の三、兄弟が四分の一になるので、遺言書がなければ、特に不動産だけの場合など、住む家を手放す争いになりかねません

               遺言書

遺言者 ○○ ○○は、この遺言書により次の通り遺言する。

一、遺言者は下記不動産を 妻 ○○ ○○に相続させる。
             記
 1、土地 奈良市長田町壱0五番地の八           
 2、建物 同所壱〇五番地 家屋番号壱〇五番地八の建物

二、遺言者はその他の預金等すべての財産も、妻○○○○に相続させる。

三、遺言者は遺言執行者として奈良市花芝町六-二○一 
  上松法律事務所  弁護士 上松 晋也を指定する。
 
右遺言を証するため遺言者はこの遺言書の全文を自書し、自書押印する。

    平成○○年○月○日
                奈良県奈良市長田町105番地の8
                遺言者  ○○ ○○ 実印

ポイント  
①1行目に 遺言書と書く
②不動産は登記簿謄本通りに必ず書く
③相続人に財産を贈る場合は,必ず「相続させる」と書く。
④日付を必ず入れる
⑤被相続人の住所氏名を必ず書き,実印を押す
⑥遺言執行者は,設けなくとも相続手続を進めることはできます。
しかし,生前から相続人間で仲が悪いなどの場合には,
中立の立場で遺言を実行してくれる人がいると手続きがスムーズに進行します。

自筆証書遺言は,手書きのみ有効です。
公証証書遺言は役場で書いてくれます。
秘密証書遺言はワープロ可です。

例② 妻と子どもが二人の場合

               遺言書

遺言者 ○○ ○○は、この遺言書により次の通り遺言する。

一、遺言者は下記不動産を 妻 ○○ ○○に相続させる。
             記
 1、土地 奈良市長田町壱0五番地の八           
 2、建物 同所壱〇五番地 家屋番号壱〇五番地八の建物

二、遺言者は○○銀行学園前支店の定期預金のすべてを長男○○に相続させる。
三、遺言者は○○銀行奈良支店の定期預金のすべてを長女○○に相続させる。
四、遺言者はその他の預金等のすべての財産も、妻○○に相続させる。
五、遺言者は遺言執行者として奈良市花芝町六-二○一 
  上松法律事務所  弁護士 上松 晋也を指定する。
 
右遺言を証するため遺言者はこの遺言書の全文を自書し、自書押印する。

    平成○○年○月○日
                奈良県奈良市長田町105番地の8
                遺言者  ○○ ○○ 実印

ポイント  
①~⑤は例①に同じです。
⑥遺言書は法定相続より先行されますが、妻と子どもには遺留分制度がありますので、その遺留分を無視した配分では訴訟問題にもなりかねませんので、遺留分を配慮するのが賢明です。
上記の場合、長男は総相続財産の1/2×1/2×1/2 仮に総相続財産(不動産を含む)が1億円の場合、1250万円が遺留分となります。

例③ 子どもだけが相続の場合

夫(又は妻)が先に亡くなっていて、持ち家を子どものうちの誰かに継がせたいときは、生きているうちに子どもたちと話し合いをし、持ち家を継がせる相続人を選んで、遺言書に明記しておくのがいいでしょう。

               遺言書

遺言者 ○○ ○○は、この遺言書により次の通り遺言します。

一、遺言者は下記不動産を長男○○ ○○に相続させる。
             記
 1、土地 奈良市長田町壱0五番地の八           
 2、建物 同所壱〇五番地 家屋番号壱〇五番地八の建物

二、遺言者は、一の土地・建物以外の預金等すべての財産の1/3を長男○○○○に相続させる。
三、遺言者は、一の土地・建物以外の預金等すべての財産の1/3を次男○○○○に相続させる。
四、遺言者は、一の土地・建物以外の預金等すべての財産の1/3を長女○○○○に相続させる。
五、遺言者は、遺言執行者として奈良市花芝町六-二○一 
  上松法律事務所  弁護士 上松 晋也を指定する。

付言 長男に家を相続させることにしたのは、最後まで世話をしてくれた礼と、今後の祭祀や家・墓を守って、兄弟仲良くしていくために力を尽くしてほしいからです。

子ども達へ 今までいろいろと有難うございました。これからも兄弟仲良く暮らしてください。

右遺言を証するため遺言者はこの遺言書の全文を自書し、自書押印します。

    平成○○年○月○日
                奈良県奈良市長田町105番地の8
                遺言者  ○○ ○○ 実印

ポイント
①~⑤は例1に同じです。
⑥遺言書は法定相続通りの配分になっていない場合が多いですが、できれば遺留分は確保してあげた上で、何故そうしたのか、常日頃から子ども達に話し、「付言」として被相続人の想いを付け加えることで法的効力はないものの、納得性を与え、争議回避に役立つと考えられます。。


いずれの場合も例であり、自筆遺言書を念頭に紹介しました。個々の状況は千差万別で絶対にこれで大丈夫ということはありません。不安な要素がある場合は、専門家にチェックしてもらい、公正証書遺言書にしておくと安心です。